ジャパンオープン最終日_結果報告

jpopen2014_groupphoto

ジャパンオープン最終日、本日は決勝戦でした。

結果は2年連続の『Best in Class Autonomy』を受賞しました(自律型ロボットの1位)!これはメンバーの頑張りはもちろん、様々な面でご助力いただきました、大学、顧問の先生、協賛企業のみなさまあってこその受賞です。ありがとうございました!

今大会ではフィールドのコンセプトに大きな変化があり、従来の「様々な障害物を乗り越え、被災者を見つける」というだけでなく、探索時の壁への接触による二次災害までを想定した、「日本のもろい現場」を再現したものでした。
大きな障害物を乗り越えるためにはそれなりの力が必要です。しかし、あまりに大きな力を加えるとフィールドを変形させ、ペナルティとなります。そのため、手動ロボットはかなりの苦戦を強いられました。来年度はその辺りの改良が課題となりそうです。

多くの新入生を交え、来年度のRoDEPがレスキューロボットに対してどのようなアプローチができるのか、まだ分かりませんが、今後とも応援をよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、大会の運営にあたり、ご尽力された多くの先生方、協力スタッフ、新潟工科大学のみなさまに心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

文責: 部長 井上

Tagged on: ,

コメントを残す