操作練習開始


本日、ロボカップジャパンオープン用の手動機ロボットの操作練習に入りました。

レスキューロボットリーグキャンプでは、モーターのトルク不足や操作の難しさ、といった問題があったため、モーターを交換し、回路やシステムも一新しています。
操作系では新しく、ロボットの姿勢をナビゲーションする機能を追加するなど、操作性が改善されました。

今後はロボットアームの改良や各種センサの取り付けなどを行います。

文責:部長 井上

コメントを残す