Interchange

デザイン工房作品(もの)フェスに参加しました!

デザイン工房作品(もの)フェスに参加しました!

肌寒い時期が続いておりますが、どうお過ごしでしょうか。今週の1/19(月)に九州工業大学情報工学部ではデザイン工房作品フェスタというイベントが行われました。このイベントは九州工業大学情報工学部にあるデザイン工房と呼ばれる、ものづくりをすることができる工房が主催したものであり私たちRoDEPは工房の加工機を用いて作成したロボットの展示、体験会という形で参加をしました。デザイン工房にはレーザーカッターや3Dプリンターなどの加工機が常設されており材料加工を気軽にする事が可能であり、その技術を生かした作品が展示されていました。RoDEPのブースでは来てくれた人が興味を持ってもらうよう説明を行ない何人かの人達と情報交換をすることもできました。このイベントを機にデザイン工房とRoDEPのことをより一層知ってもらえれば幸いだと思います。 文責:RoDEP 北川

レスキューロボットリーグキャンプ参加報告

レスキューロボットリーグキャンプ参加報告

報告が遅れましたが、RoDEPは1月10日~12日、福井県敦賀市の「若狭湾エネルギー研究センター」で行われる、「ロボカップレスキューロボットリーグキャンプ」に参加しました。 マシントラブルのため模擬競技には参加できませんでしたが、ロボカップレスキューに参加する他のチームとの交流など得られるものも大きかったと思います。 文責 機械班 名嘉眞

レスキューロボットリーグキャンプの準備

レスキューロボットリーグキャンプの準備

あけましておめでとうございます。 新年早々ですが、RoDEPは1月10日~12日、福井県敦賀市の「若狭湾エネルギー研究センター」で行われる、「ロボカップレスキューロボットリーグキャンプ」に参加します! これは、自分たちの参加している「ロボカップレスキュー実機リーグ」の参加チームの交流会で、参加チームロボットによる模擬競技のみならず、ソフトウェアの講習会、レスキューロボットの研究に取り組んでいる研究者の講演など、内容は大変充実しています。 RoDEPからは、今年からチームに参加した学部1年生がメインで参加します。至らぬところもあると思いますが、このキャンプで本番の大会に参加するに恥じないくらいの知識を持って帰りたいと思います! ソフトウェア班 西村

ロボット教室開催報告及び年の瀬の挨拶

12月27日、28日に飯塚市チャレンジプロジェクトの一環としてロボット教室を行いました。 1日目の午前はロボットの組み立てから始まりました。モーターやセンサの取り付けに苦労しながらも無事完成しました。午後からはプログラムを使って、ロボットの動作確認をして、ボールセンサ、タッチセンサ、ラインセンサ、さらに少し難しい地磁気センサを使った応用のプログラムを作って動かしました。 2日目は実際にサッカーすることを想定した、回り込みなどのプログラムを作りました。最終的に試合を行い、動きを確認しました。ちゃんと試合が成り立っていて良かったです。 人数は少なかったですが、参加者の呑み込みの早さもあって、ロボット教室がうまく運営できました。参加者に満足してもらってとても嬉しかったです。来年も今年以上に頑張っていきたいです。来年もRoDEPをよろしくお願いします。 文責:志賀

ロボカップジュニアin九工大2014開催報告

ロボカップジュニアin九工大2014開催報告

 11/22,23、ついにロボカップジュニアin九工大が開催されました。  22日はレスキューリーグエキシビションと今回新たに設けたロボカップジュニアサッカーリーグTJ3B部門の大会を行いました。 この部門は飯塚市チャレンジプロジェクトに採択されたロボット教室の受講者が参加できるような大会になっており、受講者の方にはロボット製作の一連の流れの把握や、その目標に触れてもらうことができたと感じております。  レスキューのエキジビションを行っていただいた「アキゾラ」様のパフォーマンスは試合とはまた異なる課題を要求される、まさに試練を乗り越えるといったロボット製作の一部を、新規の方たちにとどまらず我々RoDEPの1年生にも伝えていただきました!  23日はロボカップサッカーリーグの通常部門の大会を行いました。こちらはRoDEP1年が初めてつくるロボットが出場する予定でありましたが、5日前ほど前ごろに立ち込めてきた暗雲がそのまま実現してしまい、RoDEPの両チームともまともに動くロボットが一台もない状況での大会参加となってしまいました。参加者としては満足な結果は得られませんでしたが、 「タブルドライブ」様や「RISE」様などの他のチームのロボットのいきいきとした動きをみることで、今回の反省をふまえるなどして、ロボットを専門とする個人になりたいと切に感じました。  また、大会とは別途に大学の学生プロジェクトのほうで、RoDEPが今まで開発してきたロボットのデモと操縦体験を500人講義室の前で披露しておりました。こちらのデモや大会のほうも多くの方の見学があり、いつもにぎやかな雰囲気で活動することができました。  やや個人の感想が多く長い報告となりましたが、工大祭をふくめこの2日間と準備の日々充実した日々でありました。参加者やその家族のかた、ロボット教室開催にいたるまでにお世話になった人達、多くの方の支えを頂きまして、第2回ロボカップジュニアin九工大が開催できたことに心から感謝しております。  また、これからのRoDEPも引き続きよろしくお願いいたします! 文責:(新)部長 宮崎