Tournament

ロボカップジュニアin九工大2014開催報告

ロボカップジュニアin九工大2014開催報告

 11/22,23、ついにロボカップジュニアin九工大が開催されました。  22日はレスキューリーグエキシビションと今回新たに設けたロボカップジュニアサッカーリーグTJ3B部門の大会を行いました。 この部門は飯塚市チャレンジプロジェクトに採択されたロボット教室の受講者が参加できるような大会になっており、受講者の方にはロボット製作の一連の流れの把握や、その目標に触れてもらうことができたと感じております。  レスキューのエキジビションを行っていただいた「アキゾラ」様のパフォーマンスは試合とはまた異なる課題を要求される、まさに試練を乗り越えるといったロボット製作の一部を、新規の方たちにとどまらず我々RoDEPの1年生にも伝えていただきました!  23日はロボカップサッカーリーグの通常部門の大会を行いました。こちらはRoDEP1年が初めてつくるロボットが出場する予定でありましたが、5日前ほど前ごろに立ち込めてきた暗雲がそのまま実現してしまい、RoDEPの両チームともまともに動くロボットが一台もない状況での大会参加となってしまいました。参加者としては満足な結果は得られませんでしたが、 「タブルドライブ」様や「RISE」様などの他のチームのロボットのいきいきとした動きをみることで、今回の反省をふまえるなどして、ロボットを専門とする個人になりたいと切に感じました。  また、大会とは別途に大学の学生プロジェクトのほうで、RoDEPが今まで開発してきたロボットのデモと操縦体験を500人講義室の前で披露しておりました。こちらのデモや大会のほうも多くの方の見学があり、いつもにぎやかな雰囲気で活動することができました。  やや個人の感想が多く長い報告となりましたが、工大祭をふくめこの2日間と準備の日々充実した日々でありました。参加者やその家族のかた、ロボット教室開催にいたるまでにお世話になった人達、多くの方の支えを頂きまして、第2回ロボカップジュニアin九工大が開催できたことに心から感謝しております。  また、これからのRoDEPも引き続きよろしくお願いいたします! 文責:(新)部長 宮崎